FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性体験で振り返る私の根本的性癖

何故私が女同士の逝かせ合い、いわゆるレズバトルに目覚めたか

よくよく考えれば単純明快である。性の初体験の相手が同性…即ち、女である私の初体験の相手は女だったからである

いや、それだけでは逝かせ合い好きにならないだろう。ここで察しのいい人は気づいたかもしれない



そう私の初体験、それは女同士の逝かせ合い。

私の初めてのセックスはレズバトルと呼ばれるようなものだったからだ


もっとも、私は真性のレズビアンと言う訳ではないだろう。多分私はバイセクシャルと呼ばれる部類の人間だ
では何故、真性レズでもない私の初体験がレズバトルなのか


事の始まりは私が中学1年生の時の事だ。

私はある女生徒と喧嘩した。理由は伏せさせて貰うが、彼女…便宜上K子と呼ばせて貰うが、
私はK子と殴り合いの大喧嘩をしたのだ

正直、私はあまりK子の事を知らなかった。やたら突っかかってくる娘だなぁと思っていたぐらいだ

だがK子は違ったらしい。やたら私に敵意を向けてきた。私としては面倒事は御免被りたいので余り関わりたくなかったのだが、彼女は私のそんな態度が気に食わなかったらしい

突っかかって来ても私が相手にしなかったので、とうとう私の私物を隠したり捨てたりしてきたのだ


正直な話、私は気が短い。そしてやられたらやり返さないと気が済まないタイプの人間だ
私がK子にキレるのは早かった。

私はK子が私の私物を体育館裏に捨てている瞬間に乱入し、K子を罵倒しまくった
当然K子は頭に血を登らせて反撃してきた

そしてお互い掴み合い、殴り合いの大喧嘩になったのだ

その事が学校にバレて、私とK子は共に一週間の停学になってしまった

はっきり言って、私はK子に完璧にキレてしまった。なんで私が停学にならなければならないのかと

そして停学中のある日、K子がK子の母親と共に私の家にお菓子を持ってやって来た

私の母親とK子の母親は共にシングルマザーと言う事ですっかり仲良くなり話しを咲かせた
一方、ちゃんと仲直りしなさいと私の部屋で2人きりにされた私とK子はコタツに向かい合って入りガンつけあっていた

何が楽しくてこの女とコタツに入ってなければならないのか、イライラしている中にそれは起こった



「「!」」



体制を変えようとした私の脚にK子の脚がぶつかったのだ

それが始まりだった。
私とK子はコタツの中で蹴り合いを始めた
蹴っては蹴られ、脚を大きく動かすと小さい1人用コタツの裏をガンガンと蹴り上げる


暫く蹴り合いを続けると、いきなりK子がビクッと体を震わせた。
どうしたのかと思った瞬間、理解した、いや、しざるおえなかった
私の脚がK子の股を蹴っていたのだ
さすがにこれは不味いと思い謝ろうとした瞬間、私の体に電気のような衝撃が走った。

私の股を、K子の脚が直撃したのだ

謝ろうとした瞬間これだ。私は頭に血が登り再び、今度は自分の意思でK子の股関を蹴った

そしてそこからの約数10分、私とK子は股関を蹴り合った
結果は散々だった。2人して半泣きになりながら痙攣していた

涙目で睨み合う私とK子、するとK子が信じられない行動にでた



「鳴かせてやるっ…!!」


「??!!」



私は驚愕した。鳴かせてやる、そう言ったK子が私の股関に脚を押し付け揺さぶって来た。即ち、足の裏で私の女性器を刺激してきたのだ
後で知ったのだが、これは電気アンマと言う性器攻撃だった

私は驚愕して一瞬動きを止めたが、すぐに攻撃を開始した

つまり、私もK子に電気アンマを仕掛けたのだ

結果は先ほどと変わらず、2人して半泣きで痙攣するはめになった。
先ほどと違う所と言えば、痛みで痙攣していた時と違い、性器攻撃をしあった為に、性的絶頂を迎えて快楽で痙攣している所だ

私も性への興味はあり、自慰などをよくしていたが、まさか初めて自分の女性器を触れた存在がこの女になるとは思いもしなかった


なんとか息をつき顔を上げるとK子も顔を上げた
睨み合い互いに罵倒しまくる私とK子
変態、淫乱、レズ女
そんな罵倒をするうちに私はある事を思いついた
つまり、このレズ女を私が逝かせまくればコイツのプライドをへし折る事が出来るのではないか?
レズビアンであるK子(後に分かった事だがK子は私と同じバイセクシャルだったが、この時の私は同性である私に性的攻撃を仕掛けてきたK子はレズビアンに間違いないと思っていた)にノーマルである私がレズプレイで勝つ。そうすればK子のプライドはズタズタになり、二度と私にちょっかいを出さなくなるだろうと。

今考えればなんてアホな事を考えていたんだろうと思う。


だがこの時の私は、初めて他人に性的絶頂を与えられ、また、他人に性的絶頂を与えた興奮で、思考が性的になっていたのだ

また、レズプレイであるとはいえ、他人との性行為が出来るかもしれないという考えが頭を埋め尽くしていた
私が自慰を覚えたのが小学校4年生の時。絶頂の快楽を知ってからと言うもの、他人とのセックスに強い興味を持った

自慰でこんなに気持ちいいなら、本物のセックスはどれだけ気持ちいいのだろうと、ほぼ毎日寝る前に自慰をしてきた
同じ年齢の子達より性知識は豊富だと思っていたしレズビアンと言う単語も知っていた

相手はK子、ムカつく女だ。でも、不可抗力とはいえ性的絶頂を与えあった今、この女となら、今からセックスが出来るかもしれない。

この時の私は自分の願望である他人とのセックスに思考を埋め尽くされていた



「そんなに私とシたいなら死ぬ程逝かせてやるよ、このレズ女っ!!」



そんな感じの罵倒をいいながら私はコタツに手を突っ込みK子の両脚を掴んだ。そして両脚を思いっきり引っ張った。
K子はバランスを崩して私に引っ張られる。
ちょうどコタツの真ん中にK子の股関があるぐらいだ

私は自身もコタツ中に押し込んだ



「あッ…」



K子から吐息が漏れた。いや、ひょっとして私の吐息だったのかもしれない

何故なら、小さな1人用コタツの中でK子と私の女性器同士が重なったからだ

私は未知の快感に震えていた。下着越しに重なる私とK子の女性器。
熱く、粘着質で、不思議な感触。

予想以上に気持ちいい。だが私はもっと気持ちよくなりたかった。だからもっと押し付けようとした次の瞬間、凄まじい快感が私を襲った

なんとK子が自らの女性器を私の女性器にこすりつけるように腰を動かしだしたのだ
凄まじい快感だった。
だが負けじと私も腰を動かし女性器をこすりつけた

その快楽は私の想像を遥かに越えていた
気持ち良すぎで頭がおかしくなりそうだった

私とK子は一心不乱に女性器をこすりつけ合い、一進一退の犯し合いを繰り広げた
なんども絶頂を迎え、最初は我慢していた嬌声も我慢できなくなり、私とK子は罵倒しあいながら嬌声をあげた


私に思考が戻ったのは深夜一時ぐらいだったと思う
私は意識を失っていたのだ。だが何があったかだんだん頭がはっきりしだした。

そして事を理解した時、私は血の気が引いて行くのを感じた

私はK子と犯し合いをしていたはずだ。
だが私は気絶していた。つまり私はK子との犯し合いに負けたという事になる

負けた。私が、私の女性器がK子の女性器に…負けた。


そんな絶望仕掛けた時、下半身に違和感を感じた。私の女性器に熱いものが触れ合っている

するとコタツの向こう側からK子が顔を出した

どうやらK子も気絶していたらしい
















結局、私とK子の犯し合いはどちらが勝ったか分からなかった。
私が勝ってその後気絶したのか、K子が勝ってその後気絶したのか、それとも両者失神の引き分けなのか。




「次はあたしが勝つ」



「上等だよ」



そんなことをK子と私は言って睨み合った

これが私の初体験。バイセクシャルの私がレズバトルを好きになったきっかけの話。
下着越しの貝合わせで失神した、私とK子の最初のレズバトル

そして、今も続いている、逝かせ合う快楽にどっぷりハマってしまった私とK子のレズバトルの記憶。










因みにあのレズバトルがあった日、ちょっとした出来事があった

なんとか立ち上がれるようになったK子と私は、私の母親にK子を泊めた方がいいのか聞きにきた
母親の寝室の前についた瞬間、違和感に気づいた。声が聞こえるのだ。それも私の母親とK子の母親、2人の声が

まぁ声が聞こえただけなら問題ないだろう。だが、それが嬌声だった場合はどうだろうか



K子と共にこっそり部屋のドアを開け中を覗くと、案の定。私の母親とK子の母親はレズプレイの真っ最中だった

やっているのは私とK子が失神したプレイ。
貝合わせだ。
しかしなんと言うか…
性経験の違いか。母親達の貝合わせはものすごく卑猥でものすごく激しかった

熟した肉体を重ね大きな胸を揺らし母親達は腰を振りながらもっともっとと嬌声あげていた



私とK子は無言でドアを閉め、私の部屋に戻った
勿論母親達のせいでムラムラした私とK子は、再びコタツに入り下着越し貝合わせバトルの第2ラウンドに入った



余談だが、シングルマザーである私達の母親は性欲を凄まじく持て余していたらしい

そこに娘2人が嬌声を上げながらレズプレイをしているのを見て我慢が限界に達し、廊下で熱いキスをかました後寝室でひたすら絡み合っていたと翌日母親達から聞かされた




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

新年のご挨拶&今後の予定

明けましておめでとうございます。

いやはや、なんですかねこの年末年始の忙しさは(汗)

私ことスペルビアも年末年始はてんてこ舞いでした。おかげで性欲を持て余す状態でございますよ(泣)


さて、これからの予定なのですが、世界VS言葉の第2ラウンド。(完成率40%)とオリジナルレズバトルシリーズ・ホーリーエルフVSダークエルフ(完成率70%)をあげていきたいと思っています


そしてもし許可が取れたらですが、さくらさんの巨乳ウォーズの主人公、川崎流とそのライバル、東堂龍香の巨乳レズバトル(完成率80%)をあげたいなぁと(^_^;)



リクエストでジュビアを使ったレズバトルや元妻対新妻のレズバトルなどがありますが、ちょっとシュチエーションが思いつかなくて(汗)できればシュチエーションとか送って欲しいなぁなんて思ってるスペルビアでございますm(_ _)m


では皆様、いろいろ忙しいと思いますが、これからもよろしくお願い致します!(b^ー°)
プロフィール

スペルビア

Author:スペルビア
基本的にレズバトル小説を書いていきます。
小説投稿や画像投稿などもお待ちしますので今後ともよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。